ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

「自律ロボットのための革新的熱電発電システム」がNEDOの研究事業に採択される

自律ロボットの駆動時間が短い課題に対処

2019年10月9日、ダイニチ工業株式会社(以下、ダイニチ工業)は、国立大学法人東京大学、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)、株式会社KELK(以下、KELK)と共同して、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)の「NEDO 先導研究プログラム/ 新産業創出新技術先導研究プログラム」に応募し、「自律ロボットのための革新的熱電発電システム」の研究(以下、同研究)が採択されたと発表した。
自律ロボットは、農林水産業、災害対応、介護・福祉用途など、様々な分野において活躍が期待されているものの、駆動時間が短いことが課題となっている。
このようななか、同研究では、高出力の小型熱電発電システムの実現を目指すとしている。

「自律ロボットのための革新的熱電発電システム」の研究概要

同研究では、高出力の高温側発電モジュールと熱交換器一体型高効率熱電モジュールとを組み合わせて、発電密度50W/L、発電効率10%、発電出力100W程度のシステムを構築するとのこと。
このため、触媒層形成技術・材料技術・接合技術・システム化技術などを進展させ、その性能を評価するとともに、数百時間程度の長時間発電試験、熱負荷や電気負荷が変動した場合の発電性能など、ロボット電源として必要な仕様についても確認する。
なお、東京大学は、発電モジュールの設計やロボットへの適用性評価、産総研は、高信頼性熱電素子の開発、KELKは、熱電モジュールの開発、ダイニチ工業は、熱電発電システムの開発を担当する。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

ダイニチ工業 ニュースリリース
https://www.dainichi-net.co.jp/company/news/21657/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ