ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

国土交通省 ベビーカーが乗り越えにくい段差発見の検証

ベビーカー使用者から改善要望

2019年7月31日、国土交通省は子育てに優しい歩道の整備およびユニバーサルデザイン化推進の一環として、ベビーカーの使用者からの改善要望が多い歩道の段差解消のため、3次元電子地図データの収集技術を用いて効率的に段差を発見する実証実験を行ったことを発表した。

実証実験に際しては、ニチレキ株式会社、株式会社パスコ、株式会社環境風土テクノから応募があり、現場検証を行った結果、応募企業3社の全てが技術に関する基本要件を満たしていることがわかった。

現場検証の詳細

現場検証が行われたのは、東京メトロ東西線・半蔵門線と都営新宿線九段下駅にほど近い東京都千代田区都道302号線および都道401号線交差点付近で、2019年6月3日(月)~15日(土)の期間中、各社1~3日で実施された。

検証項目の基本要件は3点で、1点目はレーザースキャナやカメラといった市販の機器を用いて計測機器を構成することで、調査員が携行、もしくは台車や自転車へ搭載できることが条件となる。2点目はバリアフリー基準の規定事項の把握、3点目は1/50の断面図と1/500の平面図の作成だ。

応募企業の提案手法

ニチレキ株式会社が提案した手法は、歩道の計測においては、台車に車両から取り外し可能なMMS(Mobile Mapping System:モービルマッピングシステム)を搭載し行うもので、路面の凹凸などの計測はスマートフォン(加速度)計測装置で行う。

株式会社パスコの提案手法では、車両にMMSを搭載した場合には車道側からの計測が可能で、歩道部の計測は台車にMMSを搭載して行う。

株式会社環境風土テクノは、写真画像を利用する手法を提案した。徒歩にてデジタルカメラで撮影した写真画像で、3次元モデルを構築するものだ。

歩行空間データの活用

今後は公道での保育所等の周辺における実証実験が予定されており、歩行空間データを収集し、段差箇所等の改善に活用する。

その後、実施箇所を拡大していき、官民連携での空間データ活用、技術活用ガイドラインの作成の後、歩行空間データを用いた子育て支援およびバリアフリーの全国展開を目指す。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001301606.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ