J-GoodTech新規登録はこちら

トピー工業のクローラー式搬送支援AGVリモートを日本通運の物流現場に導入

トピー工業のクローラー式搬送支援AGVリモートを日本通運の物流現場に導入

人力作業に頼った荷役現場を機械化して、省人・省力化

2019年12月19日、トピー工業株式会社(以下、トピー工業)は、同社が開発したクローラー式搬送支援AGVリモート「セキシュウ・クローラー」(以下、同搬送車)が、日本通運株式会社(以下、日本通運)の物流現場に導入されると発表した。

少子高齢化が進展し労働力不足が深刻化するとともに、働き方改革が推進されるに伴い、これまでは人力作業に頼っていた物流現場においては、省人化・省力化の対策が課題となっている。

このようななか、日本通運は、物流現場において同搬送車を用いた実証実験を実施した結果、ロールボックスパレット搬送作業時の安全確保や省力化などが期待できることから、導入を決定したとのこと。

クローラー式搬送支援AGVリモート「セキシュウ・クローラー」の特長

同搬送車は、大きな接地面積で高い推進力を得られ、段差乗り越えや登坂・降坂力などに高い性能を発揮する。また、前後左右に直線的に移動するため方向転換する必要がなく、狭く複雑なルートでも小回りを利かしながら走行できる。

このため、高齢作業者や女性作業者でもリモートコントロールで重量物を搬送でき、物流や建設分野を中心に需要が増加すると期待される。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

トピー工業株式会社 ニュースリリース
https://www.topy.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事