ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ロボット・AI技術で「火力発電所における設備パトロール自動化」を支援

ロボットやAI技術を活用して業務を効率化

2019年5月28日、日本ユニシス株式会社(以下、日本ユニシス)は、東北電力の「火力発電所における設備パトロール業務を、ロボットやAI技術等により自動化させるシステム」(以下、同システム)の開発に関し、2019年度より本格的に支援すると発表した。

火力発電所では、発電所員が、設備や関連機器の状態を巡視により点検する設備パトロールを行っているが、広い発電所内に設置された多数の設備をきめ細やかに点検する必要があるために、多くの時間と労力を要しており、業務の効率化が課題であった。

システム開発の概要

日本ユニシスは、2018年度より同システム開発の検討と実証に参画し、同年9月に廃止された新潟火力発電所4号機の建屋内で行った実証では、非GPS環境下で自律飛行可能なドローンを用いて飛行性能などの検証を重ね、移動手段としての有効性を確認した。

また、設備の状況判断には、日本ユニシスの「BRaVS Platform」を活用し、設備の正常状態を学習させることで設備の異常状態を検出する検証を行い、有効性を確認した。

なお、「BRaVS Platform」は、3Dデータ処理・深層学習などの技術を集約させた空間認識プラットフォームだ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本ユニシス ニュースリリース
https://www.unisys.co.jp/news/nr_190528_automaticpatrol.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ