ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大成建設、CO2排出量を削減し低コストで意匠性に優れた天然石材調建材を開発

コンクリート製造時におけるCO2排出量を削減する取り組み

2019年7月5日、大成建設株式会社は、低コストで意匠性に優れた天然石材調建材「T-razzo」(以下、同建材)を開発し、同社技術センター(神奈川県横浜市戸塚区)実験棟のエントランスピロティと屋外階段に初適用したと発表した。

気候変動をはじめさまざまな悪影響を及ぼす地球温暖化が懸念されるなか、その原因となる温室効果ガスの排出を抑制する取り組みが各国で進められており、建設分野においても、コンクリートを製造する際のCO2排出量を削減する取り組みが行われている。

一方、建物の内外装仕上建材として、希少となりつつある天然石の代わりに、天然石に似せた擬石などが用いられているが、天然石材のような意匠にするため、顔料で着色しやすい白色セメントを使用していた。

しかしながら、白色セメントは全て海外から調達するため材料コストが割高なうえに、製造過程でCO2が排出されることが課題であった。

このようななか、同社は、CO2排出量削減を目的に開発を進めてきた環境配慮コンクリートの技術を活かし、製造過程で発生するCO2排出量を大幅に削減し、低コストで意匠性に優れた同建材を開発した。

天然石材調建材「T-razzo」の概要

同建材は、白色セメントの代わりに高炉スラグを使用することで、製造過程で発生するCO2排出量を最大で約80%削減できるうえに、材料費を約10%低減できる。なお、高炉スラグとは、高炉(溶鉱炉)で銑鉄と同時に生成される産業副産物だ。

また、同建材は、高炉スラグと種石(天然の砂や砂利)を混合して、表面を研磨して製造するため、混合する種石素材や顔料による着色を選択することで、バリエーションに富んだ意匠を表現できる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

大成建設 ニュースリリース
https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2019/190705_4668.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ