ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東北大学が、自己保湿型コンタクトレンズを開発

電気により水流を作るコンタクトレンズ

2019年11月29日、東北大学大学院工学研究科は、眼球の乾燥速度を低下させるコンタクトレンズを開発することに成功した。
このコンタクトレンズは、電気浸透流の発生効率が高いハイドロゲル素材を開発し用いることで、レンズ内に水流を発生させ乾燥を防ぐものである。
また、外部からの給電を不要とする自己保湿型の抗ドライアイレンズの開発にも成功した。
なお、生体親和性のバイオ電池を搭載することで、外部からの給電を不要としている。

涙をくみ上げて保湿する

このコンタクトレンズは、レンズ内にイオンの移動度に大きな差がある場合に、通電に伴って生じる流れである「電気浸透流」を発生させる。
これにより、下瞼裏の涙液メニスカスから涙をくみ上げて、レンズに循環させることで湿潤を維持することを可能にしている。
この技術により、現在ドライアイの治療に用いられている、点眼器や注射器による方法以外の選択肢になると期待されている。

コンタクトレンズは眼が乾きやすい

コンタクトレンズは、日本人の5人に1人が使用しているほど普及している視力矯正器具であるが、一日中装着するため不快を感じやすい。
中でも、涙の蒸発を促進するためドライアイになりやすく、不快感が増す原因となっている。
酷い場合には、眼球表面の炎症や視覚障害の原因ともなるため、保湿をいかに高めるかが課題となっている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東北大学
https://www.tohoku.ac.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ