ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大和ハウス工業、建物の天井施工作業を軽減する「天井施工アシスト機器」を開発

建設現場の高負荷作業を軽減

2019年6月27日、大和ハウス工業株式会社は、建設現場の働き方改革として、建物の天井施工作業を軽減できるアシスト機器(以下、同機器)を開発したと発表した。なお、同社施工協力業者を対象に2019年7月1日より先行販売し、一般販売を10月1日より開始する

少子高齢化が進行し労働者数が減少すると予測されるなか、大和ハウスグループでは、技術者不足に対処するため、高負荷作業を軽減し、女性・高齢者や未経験者が作業できる労働環境を実現するために、新技術の開発に努めているとのこと。

「天井施工アシスト機器」の概要

天井施工の際には、約16kgの天井パネルや約18kgの石膏ボードを持ち上げた状態で、天井にビスを打つ作業となるが、これまでは、職方1~2人で行っていた。

今回開発された同機器は、「(新型)天井ボードリフター」と「天井ビス打ち機」を組み合わせたもので、同機器を導入することで、天井施工が職方1人でできる軽作業になったとのこと。

なお、「(新型)天井ボードリフター」は、動力源であるエアーの力で天井パネルや石膏ボードを天井の高さまで持ち上げるとともに、「高さ調節バー」により一定の高さに保つことができる。このため、脚立での作業が不要で、転落するなどの危険がなくなる。

また、「天井ビス打ち機」は、職方が従来から使用しているビス打ち機を同機器本体に取り付けて、床から作業できるため、専用の新たなビス打ち機を用意する必要がなく、転落などの危険もない。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大和ハウス工業 ニュースリリース
https://www.daiwahouse.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ