ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

橋の床版設置入れ替えをスムーズに

クレーンによる作業が不要

鹿島建設株式会社は2019年12月17日、道路橋床板更新工事に伴う、新しい床板更新システムの開発を発表した。
このシステムは「スマート床版更新(SDR:Smart Deck Renewal)システム」と命名され大型クレーンを使用しないことで、更新にかかる時間の短縮がはかれる。
なお、あらかじめプレキャスト工場で床版を製作することで、工事費が2割削減できるというメリットも見込める。

移動式工場の導入で工期が従来の3分の1に

昨今、橋の老朽化に伴う改修や耐震補強が全国各地で行われているが、自動車などが通行する道路橋の更新工事は、既設床版の撤去、フランジについたさびの除去、調整作業、新しい床版の設置作業が必要である。
これらを従来の工法で行うと、大掛かりな工事が必要になるため、大規模な交通規制や通行止めが発生する。
このシステムの最大の特徴である「移動式工場」を、工事現場の近くに設置することで必要な床板を製作し速やかに運搬設置することができる。
これにより工期が3分の1になるだけでなく、工事費も2割ほど削減できるとされている。

交通規制範囲を最小限にできる

工事に際して、大規模な交通規制が行われる場合が多いが、このシステムを導入することで交通規制の元となっているクレーンなどの巨大な重機が不要になる。
不要になるということは、旋回半径により規制される面積が小さくなるため交通規制する車線なども最小限にとどめられる。
工事が増えるこの時期のストレスが低減されるかもしれない。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

鹿島建設
https://www.kajima.co.jp/news/press/201912/17c1-j.htm

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS