ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ホクトとベンチャー共同研究 きのこで腸内環境改善

腸の健康からアスリートを支える

2019年9月18日、ホクト株式会社・AuB株式会社は、きのこの摂取によるアスリートのパフォーマンスについて検証し、腸内環境の改善や体脂肪減にきのこが有用であることを実証したことを発表した。
AuBは、元サッカー日本代表選手である鈴木啓太氏が代表を務めるベンチャー企業。アスリートのフィジカルコンディショニングコントロールを通じたスポーツ界のサポートと、その研究調査を活かし、一般向けの腸内細菌検査サービス等、腸内環境の改善による健康支援事業を行っている。

きのこで筋力を維持しながら体脂肪減

両社は、2019年3月に「きのこで菌活×アスリートのパフォーマンス向上調査プロジェクト」を発足していた。
プロジェクトでは、大学生アスリートチームを被験者として集め、約1ヶ月の間きのこを粉末化した錠剤を摂取した際の腸内細菌の状態について検査を行った。
その結果、太りやすさの指標であるFB比が平均14%減少し、体重や体脂肪率の減少に効果があるとされるChristensenellaceae菌が7ポイント増加したという。そのことを示すように、被験者は筋肉量を維持したまま、体脂肪は平均8%の減少を見せている。また、腸内細菌の多様性も平均9%の増加が見られた。
これらの調査結果は、きのこの摂取の影響で腸内環境が改善し、免疫力の維持向上において有効であることを表すという。
(画像はホームページより)

▼外部リンク

AuB株式会社 プレスリリース
https://aub.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ