ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ソフトバンクなどが、NB-IoTを活用した鳥獣罠センサーを開発

鳥獣の捕獲状況をリアルタイムで知ることが可能

2019年10月31日ソフトバンク株式会社、株式会社ハンテックは、IoT用のLTE規格であるNB-IoTを利用した鳥獣罠センサーを開発したことを発表。

このセンサーを用いた実証実験を、国立大学法人信州大学と伊那市有線放送農業協同組合などと共に2019年10月から開始した。

なお、実証実験の結果を基に改良し、2020年春発売する予定である。

罠に通信モジュールを搭載

この鳥獣罠センサーは「スマートトラップ NB-IoT」とよばれ、くくり罠や箱罠などの従来の罠に、NB-IoTに対応した通信モジュール、磁気センサー、GPSを取り付けることで機能する。

鳥獣が罠にかかったことを磁気センサーで感知し、GPSの位置情報をと共に、管理者にメールが届く仕組みになっている。

なお、送られた情報を蓄積することで、捕獲した鳥獣の種類や誰が見回りをし回収したのかなどの情報も履歴として残すことが可能。

鳥獣による農作物被害は深刻

鳥獣による農作物の食害は各地で問題となっているが、電気柵や猟友会による駆除が主な方法となっている。

しかし、柵設置費用や猟友会会員の高齢化などが問題となっており、思うように駆除につながっていないのが現状である。

このセンサーが活用され、効率的な駆除が行われることで、鳥獣被害軽減につながると期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソフトバンクHP
https://www.softbank.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ