ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

オンキヨースポーツ、ドーピング検索アプリ「DINX」のサービスを開始

アスリートのうっかりドーピングを防止

2019年9月24日、オンキヨースポーツ株式会社は、ドーピング禁止物質を判別できるドーピング検索アプリ「DINX」(以下、同アプリ)のサービスを、2019年10月より開始すると発表した。
スポーツ大会において、ドーピング違反による出場停止を耳にすることがあるが、その内容は、成績を良くするため、筋力の向上や神経の興奮などを目的として意図的に薬物を使用する以外に、ドーピングに関する意識や知識不足のために薬を摂取したケースがある。
一方で、風邪や下痢などで体調が悪くても、市販薬を飲まずに我慢してしまい、本来の能力を発揮できずに終わってしまうアスリートも多いとのこと。
このようななか、同社は、スポーツ選手を食事面でサポートするAIを活用した食事トレーニングアプリ「food coach」を提供しており、新たに、ドーピング違反の対象薬を検索・確認し、即時に判断できる同アプリを開発した。

ドーピング検索アプリ「DINX」の概要

同アプリは、医療用医薬品約21,000品目+OTC医療品約13,000品目の医療情報を網羅したデータベース、および日本アンチ・ドーピング機構の「スポーツにおけるサプリメントの製品情報公開の枠組みに関するガイドライン」に則った製品データベースを活用して情報を提供する。
検索を行う際には、手入力とともに、製品に付記されているQRコードやJANコードを読み取って検索でき、問合せにも対応する。
また、検索・結果履歴をデータに残し、同アプリを使用し確認して摂取したことを証明する非故意証明書の発行を申込める。
なお、同アプリの検索結果で判断して薬を摂取し、万が一ドーピング違反となってしまった場合には、附帯サービスとして、損害費用を補償する。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

オンキヨー プレスリリース
https://www.jp.onkyo.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ