ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEDOと熊本大学が、皮膚センサーを開発

ロボット表面に圧電センサーをスプレーする

2019年10月10日、国立研究開発法人新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)と国立大学法人熊本大学は共同で、人の皮膚と同様の機能を持つ皮膚センサーの開発を発表した。
従来のスプレー技術を見直し、ロボット表面に均一に圧電膜を形成することができるようになったことで、皮膚センサーの実現が可能となった。
これにより、ロボットの表面に人が触れることを感知することができるため、いざと言う時の危険が回避できる。
つまり、対人安全性が高まり快適な動作ができると期待されている。

複雑形状などにも対応可能

スプレー塗布により、自動車や航空機の翼などいろいろな形状や大きな面積にも対応できるようになった。
これにより表面の圧力分布や振動の測定が可能となる。
なお、鉛フリー材料を使用することにより、人の皮膚への貼り付けも可能となり、生体信号を測定するセンサーとしても利用できる。

圧電センサーの感度は人並み

表面にスプレーした圧電センサーは、1mm空間分解能の実現可能であること。数Hzから1KHzの振動感知が可能で平均感度が20mV/Nであること。感知可能な圧力が数gであること。
これらのことから人の感覚同等であることが、実証された形となった。
ロボットが人と同じ皮膚感覚を持つことで、より人間に近い存在になる未来が期待できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEDO HP
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101216.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ