ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大阪国際空港駐車場で「ETC多目的利用サービス」の拡大に向けた取り組み開始

高速道路以外の施設でもETC等のITS技術が利用可能とする環境を整備

2019年11月01日、首都高速道路株式会社、関西エアポート株式会社、アマノ株式会社、株式会社日立製作所および首都高ETCメンテナンス株式会社は、共同で、大阪国際空港駐車場において、日本の空港では初となるETC多目的利用サービス(以下、同サービス)を導入すると発表した。

同サービスは、2013年6月14日の閣議決定において示された「駐車場等、高速道路以外の施設でもETC等のITS技術が利用可能とする環境を整備し、利便性の向上を図る」という方針に基づき、国土交通省の指導の下、試行運用を進めている取り組みだ。

「ETC多目的利用サービス」の概要

同サービスは、ネットワーク型ETC技術を活用し、事前登録されたETCカードの情報等をもとに駐車場の出入口ゲートが自動的に開閉され、チケットレスでよりスムーズに入出場できる。また、出場時には、支払いが自動的に行われるため、キャッシュレスで駐車場料金精算の手間が省かれる。

なお、同サービスを利用できるのは、関西エアポート株式会社が提携するクレジットカード会社が発行するクレジットカードとETCカードを所持し、ETC車載器またはETC2.0対応型車載器を搭載した車両で、同駐車場の駐車場予約を会員登録している人だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

首都高速道路 プレスリリース
https://www.shutoko.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ