ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

サイバー攻撃の脅威から機器を守るマイコン向けセキュリティー技術を開発

サイバー攻撃が事業活動に重大な影響を及ぼすリスクが増大

2019年10月23日、東芝デバイス&ストレージ株式会社は、マイコン向けに、機器が本物であることを担保する暗号を使用したセキュリティー技術(以下、同技術)を開発したと発表した。
産業機器の分野では、IoTによる工場の自動化などが進展して、さらなる市場拡大が期待される一方で、サイバー攻撃により事業活動が重大な影響を受けるリスクも高まっている。
このようななか、同社は、ICカードやデジタル著作権保護の分野で培ってきたセキュリティー要素技術とともに、サイバートラスト株式会社との事業提携を通じて得たトラストサービス基盤構築の知見を活用して、同技術を開発したとのこと。

機器が本物であることを担保する暗号を使用したセキュリティー技術の概要

同技術は、産業機器を制御するマイコンにおいて、ネットワークで接続される機器が本物であることを認証する「真贋判定」技術で、サイバー攻撃の足がかりに使われるリスクのある不正機器が混入することや、悪意のあるプログラムがインストールされる脅威から機器を守ることが可能である。
さらに、同技術は、機器内部に組み込まれる部品の認証や、生産・流通過程で不正品の混入を防止する対策にも有効だ。
(画像は東芝公式ホームページより)

▼外部リンク

東芝 ニュースリリース
https://toshiba.semicon-storage.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ