ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ビットキー、オートロック付マンションの置き場所指定配達に関する実証実験に参加

社会問題とまでも言われている再配達

2020年2月5日、株式会社ビットキー(以下、ビットキー)は、環境省委託事業で実施する「CO2排出量削減効果のある新たなラストワンマイル配送モデルの実証実験」に、楽天株式会社(以下、楽天)、東急株式会社(以下、東急)、およびYper株式会社(以下、Yper)と参加し、置き場所指定配達「置き配」サービス(以下、同サービス)の拡大について検証する実証実験(以下、同実証実験)を開始すると発表した。
通販ビジネスが年々拡大するに伴い、宅配便の取り扱いも大幅に増加している。しかしながら、少子高齢化により労働者人口が減少するなか、運送業界では、ドライバー不足や長時間労働などの課題を抱えているうえに、宅配における再配達も深刻な問題となっている。
このような問題への対応策の一つとして、顧客の在宅・不在にかかわらず、指定され場所に商品を届ける同サービスがある。しかしながら、近年のマンションはエントランスにオートロック機能があり、受け取り手の不在時にはマンション内に入ることができないため、同サービスを提供できないことも多い状況だ。
このようななか、不在時も想定した同サービスの可能性を検証することとなった。

「ラストワンマイル配送モデル」の実証実験概要

同実証実験は、東急の運営する神奈川県川崎市のオートロック付マンションを対象として、2020年2月5日~2月29 日の期間に実施する。
同実証実験では、対象物件のエントランスに、ビットキーのオートロックエントランス向けスマートロック「bitlock GATE」とそれに対応する端末、およびYperの提供する簡易宅配ボックス「OKIPPA」を設置し、「Rakuten EXPRESS」での商品配送時に、住人の希望に応じて同サービスを提供する。
なお、同サービスを利用し、荷物を受け取った住人を対象に、1回の利用につき「楽天スーパーポイント」200ポイントが付与される。また、対象となる店舗は、書籍を扱う楽天ブックス、ファッション通販サイトRakuten Fashion、および日用品を扱う楽天24・ケンコーコム・爽快ドラッグの3店舗だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社ビットキー プレスリリース
https://bitkey.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS