ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

相鉄バスと群馬大学、大型バスによる営業運行での自動運転の実証実験を実施

就労人口の減少に伴う運転士不足への対応

2019年08月27日、相鉄バス株式会社と群馬大学は、大型路線バスを使用した自動運転の第1回実証実験(以下、同実証実験)を実施すると発表した。

同社は、就労人口の減少に伴う運転士不足への対応として、自動運転技術の導入が不可欠と考えており、迅速な技術導入を目指している。

一方、同大学の次世代モビリティ社会実装研究センターでは、大型バスの自動運転に関する課題を解決し、運行実務に即した技術を実現することで、自動運転「レベル4」の実用化につなげたいと考えている。

このようななか、両者は、共同研究により、営業路線を中心とした大型バスの自動運転による実証実験を継続的に実施するとしている。

実証実験の概要

同実証実験では、「里山ガーデンフェスタ2019秋」の開催期間となる2019年9月14日(土)から10月14日(月・祝)の期間、横浜市内で人気スポットのよこはま動物園ズーラシアと、自然豊かな風景美を望む里山ガーデンフェスタ会場をつなぐ全長約900mを時速約20kmで運行する。

運行時間は、10時台~16時台で、1日16往復を予定している。

車両は、相鉄バス所有の自動運転バス(大型ハイブリッドバス)を使用して、里山ガーデン実行委員会より受託した貸切営業として運行し、運賃は無料であり、各便の定員は25名を予定しており、乗車は、先着順となる。

また、自動運転は「レベル2」で、安全確保に支障を及ぼすおそれがある場合は、専門教育を受けた相鉄バスの運転士による手動運転を行う。
(画像は相鉄バス お知らせより)

▼外部リンク

相鉄バス お知らせ
https://www.sotetsu.co.jp/bus/info/419.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ