ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

NEDOなどが、ガスエンジンで世界最高レベルの出力運転に成功

最適なエンジン燃焼をコントロール

2020年1月27日、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と株式会社サステナブル・エンジン・リサーチセンターは、ガスコージェネエンジンにおいて世界最高水準の超高出力運転に成功したと発表した。
超高出力運転を達成するためには超高過給が必要になるが、それに伴う燃焼の不安定化を、最適なエンジン燃焼をコントロールすることで解決した。
これにより、正味平均有効出力(Pme)を現行エンジンよりさらに1メガパスカル増の3メガパスカルに高めることに成功した。

コージェネを推進する上で重要

一つのエネルギー源から、電気、温水、冷暖房など複数のエネルギーを取り出すコージェネレーションシステムは、今後の省エネを推進する上で重要である。
現在は、都市ガスを燃料とした様々なコージェネエンジンが開発、実用化されているが、経済的な問題が多く存在する。
これらをクリアするには、発電効率をより上げることが必要であり、その方法としてガスエンジンの圧縮率を超高圧化が必須となる。

廃熱の利用効率がアップ

現在普及しているコージェネ製品機では、発電時の廃熱を使い切れておらず、経済効果が薄い状況にある。
発電している一方で燃焼による熱は利用度が低いという状況になっているが、この10年間で燃焼効率も横ばい状態であったため、効率の良い製品の設計が望まれていた。
今後は、少ない燃料で効率よく燃焼し、より高い発電能力と廃熱を有効に利用することで、規模の大きい工場、病院、ホテルなどへの導入が促進されると期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

NEDOなど
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101279.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ