ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

凸版印刷、縞模様(モアレ)をコントロールし立体感や動きを表現するシステムを開発

画質を悪化させるモアレを積極的に利用

2019年7月9日、凸版印刷株式会社は、任意の画像をモアレで斬新な模様に表現するシステム(以下、同システム)を開発し、同システムを活用したサンプルの提供を開始すると発表した。

モアレとは、印刷物やディスプレイなどにおいて、点の集まりや繰り返し模様を複数重ね合わせた際に、周期がずれるため視覚的に生じる縞模様で、一般的には画像の見栄えが悪化するため、同社は、モアレを軽減させる研究を行ってきた。

一方で、モアレをあえて利用することで、注目性や訴求力がある斬新な模様を意図的に発生させる研究も進めてきたとのこと。

任意の画像をモアレで斬新な模様に表現するシステムの概要

同システムでは、繰り返し模様のある画像から、ピッチや位相を変えた2枚のパターンに分解して印刷し、距離を置いてそれぞれをディスプレイする、あるいは隙間を空けて重ねるなどの工夫を行うことで、狙ったデザインのモアレを発生させる。

この際、モアレ特有の動きを活用して、色の濃淡や奥行きのある立体感など、通常の印刷物では得ることのできない全く新しい表現のデザインや注目されやいデザインを得ることができ、店頭装飾や看板などに活用できると期待される。

なお、同システムは、モアレを発現するパターンを印刷した2枚のシートを貼り合わせるだけで作れるうえに、ディスプレイの際には電源等が不要であるため、時間や費用が抑えられるとしている。
(画像は凸版印刷ニュースルームより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースルーム
https://www.toppan.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ