ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大日本印刷、AIを活用して印刷物の校正・校閲作業を省力化

働き方改革に向けた業務改革の取り組み

2019年5月27日、大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、印刷物等の制作の際に、法的な表示が義務付けられている事項や成分内容等をチェック・確認する校正・校閲が可能なSaaS型サービス(Software as a Service:以下、同サービス)の開発に向けて、企業13社とともに合同検証を実施すると発表した。

働き方改革に向けて多くの企業が業務改革を進めているが、印刷物の校正・校閲作業においては、人手に頼る部分が多いうえに、印刷物の多品種化や製品ライフサイクルの短期化により作業量が増加しているため、効率性の改善が急務となっている。

一方、商品パッケージを制作する際には、業界のルールとともに、ロゴやマークの表示方法など企業独自のルールに準拠する必要がある。

しかしながら、文字やデザインの校正・校閲作業は、社内の多くの部門で横断的に行っていることや、印刷に使用されている多種多様なデザイン・文字を自動認識することが困難であるため、機械化や自動化が進まなかった。

SaaS型サービスに関する合同検証の概要

同サービスは、ネットワーク経由でソフトウェアの機能を提供するサービスで、各業界で共通して遵守すべきルールを知識データベースとして標準実装し、そこに各企業の独自ルールを組み込んで、最適化した校正・閲覧を可能とするものだ。

この際、商品パッケージ上で認識した文字の画像情報と原稿の情報をAIが照合して、差異をアラート表示し、不一致箇所のみを人がチェックすることで、文字認識精度を飛躍的に高めると期待される。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1191338_1587.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ