ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

三井不動産と阪大、大型複合施設で対話ロボットを活用した実証実験を開始

ロボットによる対話を介したホスピタリティの高いサービスを提供

2019年11月29日、三井不動産株式会社は、同社が運営する大型複合施設EXPOCITY(以下、同施設)において、国立大学法人大阪大学大学院基礎工学研究科の石黒浩教授が代表者を務める研究プロジェクト「人間機械共生社会を目指した対話知能システム学」(以下、「対話知能学」)を活用し、人間に酷似したアンドロイドや小型の人間型ロボットによる対話サービス実現を目指した実証実験(以下、同実証実験)に取り組むと発表した。
同実証実験は、同社と同大学が、「『学ぶ』楽しさを感じられる空間を創出し、地域社会に貢献する」ことを目的として、2018年3月に締結した連携協定を基に実施するもので、2019年12月より順次開始予定で、期間は5年間としている。

EXPOCITYにおける実証実験の概要

「対話知能学」では、人間と知能ロボットや情報メディアが共生する社会に向けて、ロボットが意図や欲求を持ち、自律的に人間を支援するシステムの研究開発に取り組んでいるが、実験室の中だけではその性能を評価することが困難で、実際の社会の中で評価する必要がある。
そこで、同実証実験では、石黒教授が研究総括を務める「JST ERATO石黒共生ヒューマンロボットインタラクションプロジェクト」において開発してきた対話ロボットを使って、ショップ案内や販売員の業務支援などを行い、解決すべき新たな研究課題を発見していくとしている。
また、同施設において、対話ロボットの利用に関する問題を市民とともに議論するワークショップ等を開催し、ロボットと人が共生するために、ロボット利用の社会規範を提案していくとのこと。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

三井不動産株式会社 ニュースリリース
https://www.mitsuifudosan.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ