J-GoodTech新規登録はこちら

離島での部活動支援システム運用開始

離島での部活動支援システム運用開始

スマートコーチを活用

2019年12月12日、国立大学法人鹿屋体育大学とソフトバンク株式会社は共同で、離島での各学校における部活動支援を12月17日から開始すると発表した。

これはICTを活用したものであり、日本初の試みとして、鹿児島県奄美群島にある徳之島高等学校野球部にて試験運用されることになる。

Pepperを既に活用している

鹿屋体育大学では、スポーツパフォーマンス活動を推進しており、指導者を目指す学生が多い。

ソフトバンクでは、ICTと人型ロボット「Pepper」を使ったスマートコーチを活用し小中学校向け教育を行っている。

今回は、このソフトバンクのサービスを利用し、離島で活動する野球部員の指導を行うものであるが、有効に活用することで指導者の育成と、部員のレベルアップが望める。

離島では指導を受ける機会が少ない

徳之島高等学校に限らず、日本には離島で学校に通う生徒が数多くいる。

しかし、指導者や部活動をしている生徒が、離島を行き来するには部地理的な制約が多く存在し、まともな指導が受けられないことがある。

場合によっては、部活動の選択肢まで制限されることになり、将来の可能性を無くしてしまうことにもなりかねない。

この研究により、今後は日本中どこにいてもきちんとした指導が受けられることが期待される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ソフトバンク
https://www.softbank.jp/

すべてカテゴリの最新記事