ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ソフトバンクロボティクス、AI清掃ロボット「Whiz」を活用した実証実験を開始

人手不足などの清掃業界が抱える課題を解決

2019年10月31日、ソフトバンクロボティクス株式会社(以下、ソフトバンクロボティクス)は、神奈川県の公募型「ロボット実証実験支援事業」(以下、同事業)に選定され、パーソルチャレンジ株式会社(以下、パーソルチャレンジ)とともに、2019年11月1日からAI清掃ロボット「Whiz」(以下、同ロボット)を活用した実証実験(以下、同実証実験)を開始すると発表した。

同事業は、同県が、「さがみロボット産業特区」の取り組みの一環として、生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集し、採択した企画を支援するものだ。

同実証実験は、障がい者でも簡単に使用できる同ロボットを活用し、人手不足などの清掃業界が抱える課題の解決を目指すことを目的とし、パーソルチャレンジ 横浜オフィスにおいて、2019年11月1日〜12月27日の毎週水・金曜日に実施する。

同実証実験で実施する内容は、パーソルチャレンジで働く障がい者のスタッフ7人に、同ロボットを使ってもらい、同ロボットの事前準備・自律清掃・片付けまでを一連の流れで体験してもらうとともにアンケート調査を行い、適切に使用できるか、あるいは使い勝手などについて検証する。

「Whiz」について

同ロボットは、主にカーペットなどの床を清掃する、自律走行が可能な乾式バキュームクリーナーのAI清掃ロボットで、自動運転清掃・洗浄機向けサービス「AI清掃PRO」(以下、同サービス)に対応している。

同サービスでは、最初に同ロボットを手押しして清掃エリアの地図データを作成し記憶させると、後はスタートボタンを押すだけで記憶した地図データを基に清掃ルートを自律走行するため、清掃時の品質を一定に保つことができる。

また、清掃ルート上に人や障害物が出現しても、同ロボットに搭載された複数のセンサーが検知して、回避しながら走行できる。
(画像はソフトバンクロボティクス公式ホームページより)

▼外部リンク

ソフトバンクロボティクス プレスリリース
https://www.softbankrobotics.com/jp/news/press/20191031a/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ