ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

日揮など4社、廃プラスチックのガス化ケミカルリサイクル推進に向け協業を検討

資源循環システムの確立が急務

2019年8月28日、日揮株式会社、荏原環境プラント株式会社、宇部興産株式会社および昭和電工株式会社は、EUP(Ebara Ube Process)を活用した廃プラスチックのガス化処理設備(以下、同処理設備)の設計・調達・建設に関わる協業の検討を開始したと発表した。

海洋マイクロプラスチックが問題となる一方で、中国や東南アジア諸国においては、固体廃棄物輸入の規制が強化されつつあり、各国で、資源循環システムの確立が急務となっている。

このようななか、4社は、廃プラスチックのガス化処理設備に関し、協業の検討を開始した。今後は、EUPのライセンス契約を締結し、同処理設備に関わる営業活動を展開して、ガス化ケミカルリサイクルの普及と資源循環推進に取り組むとしている。

廃プラスチックのガス化ケミカルリサイクルの概要

EUPとは、廃プラスチックをガス化し、アンモニアやオレフィン等を合成するために利用できる合成ガスを生産するプロセスで、株式会社荏原製作所と宇部興産によって開発された。

EUPを活用したガス化ケミカルリサイクルは、他の手法では困難な異種素材や不純物を含むプラスチックを分子レベルに分解し、様々な化学物質に再生できるとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日揮 プレスリリース
https://www.jgc.com/jp/news/assets/pdf/20190828.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ