ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

凸版印刷、PET・PP・PEの主要3素材で高機能包材をモノマテリアル化

プラスチックごみ問題で、ますます高まる環境配慮型包材の需要

2019年9月20日、凸版印刷株式会社は、透明蒸着バリアフィルムブランド「GL BARRIER」シリーズの新しいラインアップとして、ボイル殺菌・ホット充填が可能なPP(ポリプロピレン)基材の透明バリアフィルム「GL-X-BP」と、PE(ポリエチレン)基材の透明バリアフィルム「GL-X-LE」を開発したと発表した。
海洋プラスチックごみによる海洋汚染が年々深刻化するに伴い、多くのグローバル企業では、環境配慮型包材やプラスチック資源循環に向けた開発目標を設定して、さまざまな施策を検討している。
このようななか、同社は、菓子などの軽包装をモノマテリアル(単一素材)化できるPPバリアフィルム「GL-LP」や、PET単一素材の軟包材など、高機能包材の単一素材化に取り組んできた。

透明バリアフィルム製品の概要

この度開発した「GL-X-BP」は、ボイル殺菌やホット充填に対応しており、ベビーフードやフルーツコンポートなどの液体内容物を含む、より広い用途の高機能包材に利用できる。
また、「GL-X-LE」は、蒸着加工が困難なPE素材に対し、バリア性を付与することで実現した、PE基材のバリアフィルムで、ペットフード、ビーフジャーキーやグラノーラバーなどの乾物類の包材に適している。
なお、「GL-X-BP」は単層フィルム、「GL-X-LE」は積層させたラミネーションフィルムとして、サンプル出荷・販売を開始し、2025年にモノマテリアル包材関連受注全体で約200億円の売上を目指すとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースリリース
https://www.toppan.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ