ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

トリリオンノード研究会 誰でも創れるIoTシステムを公開

IoT社会に向けて

東京大学大学院工学系研究科のグループ(以下トリリオンノード研究会)は、2019年9月25日(水)に、誰でもIoT向けのシステムを創造できるプラットフォームを一般公開した。
プラットフォームの名前は、「Leafony(リーフォニー)」と呼ばれる。
Leafonyとは、超小型、低消費電力でコイン電池でも動作可能な、オープンイノベーション・プラットフォーム。
「リーフ」と呼ばれる1円玉大の電子基板と電子モジュールと組み合わせることで、オリジナルなシステムを創ることができる。
Leafonyのソフトウェア開発環境は、現在普及中のオープンソースArduinoに準拠している。仕様書、回路図、パターン図、応用例、プログラムなどが公開され、無償で使うことができる。

Leafonyの概要

Leafonyは、IoT社会の実現に向けて生まれたプラットフォーム。
IoTの応用やサービスは、今後大きく発展すると考えられている。しかし、適用分野が多岐にわたるため、システム構築には手間と時間がかり、新規開拓は容易ではなかった。
しかし、Leafonyのソフトウェア開発環境はArduinoを使用するため、世の中に浸透している環境と準拠しているといえる。
数万本の公開されているソフトウェアをネットからダウンロードするだけで目的に応じてた修正のみで、目的のソリューションを創ることができる。
さらに、ハードウエアの面でも、Leafonyは異方性導電ゴムをベースに、独自研究されて開発されたコネクタ技術を導入している。
子供がブロックおもちゃを組み立てるような感覚で、誰でも簡単にシステムの組み立てや変更ができることを特徴とする。
現在、Leafonyの公開は日本のみだが、世界公開も予定している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

トリオンノード研究会
https://trillion-node.org/press/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ