ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

iPS細胞培養設備に価格革新!名古屋の中小企業発

コストを従来の100万分の1に

2019年6月26日、高砂電気工業株式会社はiPS細胞などの培養液(培地)の定期交換を自動化する簡易システム「ポータブル培地交換システム」の発売を発表した。

驚くべきはその価格だ。大手企業が販売している自動式培養装置の一般的な価格は1000~3000万円程度。それに対し「ポータブル培地交換システム」はわずか13万円という低価格である。従来の100分の1のコストとなり、まさに価格破壊だ。

この新技術を開発した高砂電気工業は、愛知県名古屋市に本社を置く、小型耐薬液バルブやポンプの専門メーカーだ。その技術は医療・化学・工業など様々な分野で利用されており、そのなかには宇宙ステーションでの実験装置用に採用されているものもあるという。

自動化による多数のメリット

「ポータブル培地交換システム」は、同社の既存技術であるマイクロポンプ(100万分の1リットル単位の液体を扱う超小型ポンプ)の技術を応用し開発された。

価格面でのメリットだけでなく、既存の培養容器などがそのまま利用でき、導入のハードルが低いこと、乾電池で最大7日間連続駆動が可能なこと、プレート部分をシステムに格納したまま倒立顕微鏡で観察ができ、培地への環境の影響を抑えられることなどの特徴がある。

コスト面で全自動培養装置の導入が難しい研究室において、培地交換は人の手によって行われている。特にiPSのような活性の高い細胞の場合、培地の交換頻度を多くする必要があるため、研究者には「休日でも研究室に出勤する」という時間的負担や労力が存在した。

同商品の導入により、その負担や労力は改善され、今後発展が期待される再生医療など数多くの研究の現場における「働き方改革」にもつながるとも言える。
(画像はホームページより)

▼外部リンク

高砂電気工業株式会社 プレスリリース
https://kyodonewsprwire.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ