J-GoodTech新規登録はこちら

東京ガスとJHyM、「東京ガス豊洲水素ステーション」を開所

東京ガスとJHyM、「東京ガス豊洲水素ステーション」を開所

2020年に燃料電池バス100台以上の普及をめざしている東京都

2020年1月16日、東京ガス株式会社(以下、東京ガス)は、日本水素ステーションネットワーク合同会社(以下、JHyM)と共同で建設した「東京ガス豊洲水素ステーション」(以下、同ステーション)の開所式を行ったと発表した。
東京都は、燃料電池バスを2020年に100台以上普及させることをめざしている。このような状況に対応し、水素供給基盤を確立して、燃料電池バスを含めた燃料電池モビリティの普及に貢献するために、同ステーションを建設することとなった。
なお、同ステーションを建設するにあたっては、経済産業省の「燃料電池自動車の普及促進に向けた水素ステーション整備事業費補助金」や、東京都「燃料電池自動車用水素供給設備整備事業」の補助金を活用している。

豊洲水素ステーションの概要

同ステーションは、日本初の燃料電池バスの大規模受入が可能なオンサイト方式の水素ステーションで、日本で初めて「カーボンニュートラル都市ガス」(以下、同ガス)を原料として水素を製造し、1時間に燃料電池バス4台への充填が可能である。
なお、同ガスは、東京ガスがシェルグループから購入したカーボンニュートラルLNGを活用したもので、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生するCO2が、CO2クレジットで相殺(カーボン・オフセット)されている。
また、同ステーションが所在する豊洲地区は、環境面・防災面に優れた魅力的な街づくりが進んでおり、敷地面積は約2,000平方メートルである。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京ガス株式会社 プレスリリース
https://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20200116-01.html

すべてカテゴリの最新記事