J-GoodTech新規登録はこちら

SUBARUなど、安全運転支援や自動運転制御に関わるユースケースの研究を開始

SUBARUなど、安全運転支援や自動運転制御に関わるユースケースの研究を開始

アイサイトで培ってきた先進安全技術をさらに進化

2019年11月7日、株式会社SUBARU(以下、SUBARU)とソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)は、第5世代移動通信システム(以下、5G)およびセルラーV2X通信システム(以下、C-V2X)を活用したユースケースの共同研究(以下、同共同研究)を開始したと発表した。

SUBARUは、アイサイトで培ってきた先進安全技術をさらに進化させるために、「つながる技術」の研究開発にも取り組み、2030年に、SUBARU乗車中の死亡事故およびSUBARUとの衝突による歩行者・自転車運転者などの死亡交通事故ゼロを目指しているとのこと。

一方、ソフトバンクは、新たな体験や価値を提供するサービス・ソリューションの研究開発に取り組んでおり、その一環として、MaaS事業の検討や5Gなどの最先端通信を活用したコネクテッドカーの実証実験などを行っている。

共同研究の概要

同共同研究では、スバル研究実験センター美深試験場(北海道中川郡美深町)のテストコースに、ソフトバンクの「おでかけ5G」(以下、同設備)を設置し、ノンスタンドアローン標準仕様(以下、同仕様)の5Gネットワーク環境およびC-V2Xの通信環境を構築して、実証実験を行う。

この際、基地局と車両および車両と車両間で通信し、安全運転支援や自動運転制御に関わるさまざまなユースケースを想定した技術を検証するとしている。

なお、同設備は、局地的に電波品質の高い5Gを提供できる可搬型設備で、同仕様では、LTEと連携して5Gの性能や機能をいち早く実現できる。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

SUBARU ニュースリリース
https://www.subaru.co.jp/press/news/2019_11_07_7998/

すべてカテゴリの最新記事