ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

医療現場の業務効率化を図るAI問診プロダクトの試験導入と共同研究を開始

医師の労働環境が過酷

2019年9月24日、Ubie株式会社は、大病院や医療機関において、医療現場の業務効率化を図るためのAI問診プロダクト「AI問診Ubie」(以下、同プロダクト)の導入・試験導入・共同研究を、2019年7月より開始すると発表した。

厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が2019年3月に取りまとめた報告書によると、研修医や高度技能の獲得を目指す医師の時間外労働上限は、2024年4月以降「1860時間」と特例的に設定された。これは、医師の労働環境が、一般労働者の「過労死ラインの2倍」にも及ぶ過酷なものだ。

医師の時間外労働が増える主な要因のひとつが、外来診療での“電子カルテなどの書類作成“といった膨大な「事務作業」とのこと。このようななか、同社は、同プロダクトの試験導入・共同研究などを、6医療機関において実施することとなった

AI問診Ubieの概要

同プロダクトは、現役の医師が開発し、“問診”に特化したAI問診プロダクトで、エビデンスに基づいた約5万件の論文から抽出されたデータで構築されており、ATMやカラオケのリモコンなどのタッチパネルを参考にした、医師に使いやすいサービスとのこと。

なお、同プロダクトを導入・試験導入するのは、社会医療法人財団 董仙会 恵寿総合病院、慶應義塾大学病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、長野中央病院だ。

また、共同研究を実施する研究主体は、亀⽥総合病院糖尿病内分泌内科と東京大学医学部附属病院(研究分担者:老年病科 小川純人 准教授)である。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Ubie プレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000048083.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ