ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

GSアライアンスの生分解性複合材料がグリーンプラ、バイオマスプラ認定を取得

深刻なレベルになりつつあるマイクロプラスチック汚染

2019年7月26日、GSアライアンス株式会社は、生分解性プラスチックの1つであるポリブチレンサクシネート(PBS)とセルロースナノファイバーを複合化した新材料を開発し、グリーンプラ、バイオマスプラ認定を取得したと発表した。

海洋中のマイクロプラスチック汚染は、生態系を破壊する深刻なレベルになりつつあり、既にマイクロプラスチックが環境中から人体に入りつつあるという研究報告もあるとのこと。

このため、使い捨てストローの廃止や、レジ袋などのディスポーザブルなプラスチック製品の使用を規制する動きが強まっている。

さらに、プラスチックそのものの使用量を削減する、あるいはプラスチックをリサイクルする取り組みや、環境中で分解する生分解性のプラスチックや紙製品などに関する研究開発が進められている。

このようななか、環境・エネルギー分野向け先端材料の研究開発と製造販売を展開している同社は、古紙・リサイクル紙・段ボール紙・新聞紙なども原料として、さまざまな生分解性材料を作っている。

また、認定を受けた材料と同様に生分解性であるセルロースナノファイバーを複合化させることで、生分解性を維持したまま、機械的強度を向上させることができるとのこと。

グリーンプラ、バイオマスプラ認定とは

グリーンプラおよびバイオマスプラの二つの認証は、日本バイオプラスチック協会(以下、同協会)が運用しているバイオプラスチックに関する識別表示制度において認可された製品として表示でき、シンボルマークを使用できる。
なお、同協会は、環境に調和した資源循環型社会の実現に重要な役割を果たす新しい素材であるバイオプラスチックに関する技術確立と普及促進などを目的に、1989年に設立された民間の任意団体だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

GSアライアンス プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/189533

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ