ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

北海道大学が、新たな神経伝達分子機構を発見

脳内神経信号における伝達引き金になる

2019年10月7日北海道大学は、脳内神経伝達の引き金分子である電位依存性カルシウムチャネル(VGCC)が制御されていることを発見したと発表した。
脳内での神経伝達は、数千億個の神経細胞がシナプスと呼ばれる部分を介して行われるが、異常が生じると「シナプス病」といわれる精神、神経疾患の原因となる。
シナプスの機構を解明し、どのように制御されているのか解明することは、これらの病気の治療法開発に役立つと考えられる。

線虫をモデルとして研究が行われた

今回の研究は、線虫シー・エレガンス(生物実験に使われるモデル線虫)を用いて行われ、シナプスの構造や機能観察に使用された。
この線虫に対して遺伝子スクリーニングをしたところ、VGCCのシナプスにRIMB-1とUNC-10という異なる二つの足場タンパク質が持つ、共通の機能が必須であることを突き止めた。
これにより、調節を受けるチャネル分子と足場タンパク質の双方向的局在制御という新たな仕組みが確認された。

片頭痛や自閉症の原因解明の糸口に

VGCCに先天性の遺伝子異常があると、家族性片頭痛、反復発作性失調症、脊髄小脳変性症などが引き起こされる。
最近の研究では、自閉症に対しても関係性が指摘されており、メカニズムが解明されることで治療方法の糸口が見つかると期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学HP
https://www.hokudai.ac.jp/news/191007_pr2.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ