ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

「肌の光老化」が起こるメカニズムを解明

見た目の印象に最も大きな影響を与える紫外線に着目

2019年12月20日、クラシエホームプロダクツ株式会社・ビューティーケア研究所は、肌の「光老化」に関する研究を行うなかで、「光老化」が起こるメカニズムを解明したと発表した。
キメが細かく整った肌だと言われる健康で美しい肌でも、加齢による内的要因、あるいは紫外線や乾燥等の外的要因によって、肌内部の状態が変化し、キメが乱れて、見た目年齢が高く疲れた印象を与えるようになる。
同研究所では、このような印象の変化に最も大きな影響を与える要因として紫外線に着目し、細胞内部で起きているメカニズムを解析した。

周りの細胞にダメージを与える炎症因子

紫外線を浴びた肌では、活性酸素によりタンパク質が変性することで発生する「カルボニルタンパク」(以下、同タンパク)が角層中に増加していた。同タンパクが増加すると、肌の弾力性にとって重要な成分であるコラーゲンやエラスチンなどが分解される。
また、紫外線により変性した細胞では、活性酸素により炎症因子が放出される。炎症因子は、周りの細胞にダメージを与えるとともに、さらなる活性酸素の発生を誘導する。
この結果、肌の水分保持能やバリア機能が低下し、真皮のコラーゲンやエラスチンの分解が促進されて肌の弾力が低下する「光老化」の状態になる。

肌の「光老化」を改善するには

肌の「光老化」を根本的に改善するには、炎症因子の放出を抑制するために、細胞内部の活性酸素を抑えることが重要だ。
そこで、紫外線を1年中浴びても酸化ダメージを受けにくい高い抗酸化力を持った植物を調べた結果、「ビワの葉エキス」に高い細胞内抗酸化作用があることを見出した。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

ラシエホールディングス株式会社 ニュースリリース
http://www.kracie.co.jp/release/10158925_3833.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS