ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

東北大学と東京大学が共同で、音波スピン流の増幅を可能に

常温かつ低磁場で実現

2019年11月14日、東北大学材料科学高等研究所と、東京大学大学院工学系研究科が共同で、室温かつ低磁場環境でも音波を増幅することが可能になったと発表した。
従来では、低温で高磁場でなければ増幅できなかったが、材料を見直したことにより実現した。
なお、この研究は科学技術振興機構(JST) 戦略的創造研究推進事業総括実施型研究の一環で行われた。

材料に注目したことで増幅を可能に

従来環境では測定が難しいほど増幅率が低かったが、材料について見直しをかけたことで増幅率を700%近く向上させることに成功した。
スピン流素子として、これまではイットリウム鉄ガーネット(YIG)の薄膜を利用してきたが、Lu2BiFe4Ga012(BiGa:LuIG)を用いた薄膜を作製することで、常温かつ低磁場でも増幅が可能になったわけである。
なお、スピン流によるゼーベック効果で生じる起電力を測定したところ、この材料を使用した場合発電量が最大となることも判明した。

廃熱を利用した発電が可能に

振動によるゼーベック効果を利用した圧電素子が広く知られているが、電子の磁気的性質であるスピン流を利用し発電することを「スピンゼーベック効果」と呼ぶ。
この効果は、機器などの排熱を利用する発電に応用することが可能であるため、いろんな研究が進んでいる。
しかも、発電素子としても金属と磁性体薄膜という単純な構造であるため、コストも低く抑えられると考えられている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

科学技術振興機構(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20191114/index.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ