ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

住宅の快適性向上のための IoT対応センサーを共同開発

新センサーは低コストで測定・分析が可能

ケイアイスター不動産は6月20日、カマルク特定技術研究所(以下、カマルクX)と共同で「住宅向けセンサー及びセンシング技術開発」への取り組みを進めることについて合意したと発表した。

現在、国内におけるセンサー製品の大半は企業向け。さらに、建物設備系のIoT対応センサー及びセンシング技術についても、コストや設置条件の問題からオフィスビルや介護施設向けが中心であり、一般家庭向けには普及が進んでいない。

そこで、ケイアイスター不動産とカマルクXの両社は、低コストな新センサーやAIをベースとしたセンサーデータ分析サービスを開発し、ケイアイスター不動産の住宅販売事業などで提供する。

東京本社にはITコラボレーションルームを設置

カマルクXは、ケイアイスター不動産の住宅供給数増加を目的に18年4月に戦略的資本業務提携を結んだKAMARQ HOLDINGS PTE.LTDの子会社。

ケイアイスター不動産では、両社による技術開発の迅速化・合理化を目的に、東京本社にITコラボレーションルームを設置し、即時性のあるコミュニケーション環境を整えている。

共同開発の第一弾は空気質モニタリング用IoT

両社はまず、住宅内における空気質モニタリング用のIoT対応センサーの実現を目指す。

同センサーを活用することで空気質を「自ら判断するインテリジェントな住宅」の開発が可能になる。

例えば、湿度が急上昇した際にスマートフォン向けに換気を促すメッセージを送信することで結露の発生を防ぎ、住民の不快要因を取り除ける。さらに、結露に関するハウスビルダーへのクレームを減らすことにもつながるとしている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ケイアイスター不動産 プレスリリース
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3465/tdnet/1722715/00.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ