ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

写真で粗大ごみの種類を判別するAI 横浜市で導入

写真からAIが粗大ごみの種類を判別

2019年10月8日、株式会社オークネットは、AIによる粗大ごみ画像認識サービス「SODAI Vision API」(ソダイ)を開発し、同サービスが株式会社NTTネクシア・NTTテクノクロス株式会社との3社連携で横浜市の粗大ごみ受付チャットボットに導入されたことを発表した。
オークネットは、BtoBにおけるIT・ネットワーク技術を利用したオークションビジネスを展開する企業だ。現物を見なくてもインターネット上で安心して取引が出来るよう、情報の信頼性を重視したオークション流通を行っているという。

インターネットオークションの技術を活用

ソダイの開発には、同社のオークションビジネスのノウハウが利用されている。
同社子会社である株式会社オークネット・アイビーエスは、オークネットの中古車データを活用した車両画像識別システムを2016年にリリースしており、ソダイはその技術を活用している。
ソダイの利用方法は簡単だ。スマートフォンで粗大ごみの写真を撮影し、チャットボットに送るだけで、その粗大ごみの種類や捨て方、手数料などの情報を得ることが出来る。システムの自動応答なので、24時間いつでも利用が可能だ。
また、今回の取り組みでは、NTTテクノクロスのチャットシステム「Remote Attend」を導入し、同一のチャット画面内において、有人チャット・チャットボット・画像認識AIの3種類のチャットサポートを提供している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社オークネット プレスリリース
https://www.aucnet.co.jp/nw_corp/20191008_01/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ