ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

富士通研究所、AI処理を最大10倍高速化するコンピューティング技術を開発

AI技術の進化と普及に伴い増大しているAIの計算量に対し、高速に処理できる技術が必要

2019年10月25日、株式会社富士通研究所は、AI技術の進化と普及に伴い増大している計算需要に対し、演算精度を自動的に制御し高速化する技術「Content-Aware Computing(コンテンツ アウェア コンピューティング)」(以下、同技術)を開発したと発表した。

AI技術が進化・普及し、画像認識や音声翻訳などへ活用が広がるに伴い、それを実現するためのAI処理の計算量が爆発的に増大するなか、AIの計算量に対し、高速に処理できる技術が必要となっている。

このため、ディープラーニングのニューラルネットワーク計算において、32ビットの演算精度を8ビットに落として4倍に並列演算をさせることで高速化を実現する技術が注目されているが、演算精度を落とす箇所の調整に課題があった。

「Content-Aware Computing」の概要

同技術では、ニューラルネットワークにおける各層の数値範囲の分布にもとづき、分布が広い層では高ビット、分布が収束してきた層で低ビットと、学習の状況に応じて演算精度の適用度合いを判断することで、演算結果の劣化を抑えつつ、従来の3倍まで高速化できるとのこと。

また、並列処理の各演算において、処理を打ち切った場合の処理時間の削減量と、演算結果への影響度を予測し、演算結果を劣化させない範囲で、各演算の打ち切り時間を制御することで、ディープラーニングの処理において、最大で3.7倍の高速化を確認している。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

富士通研究所 プレスリリース
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/10/25-1.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ