ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

移動支援サービス「Universal MaaS」の社会実装に向けて連携

さまざまな理由で移動に困難のある人に提供

2020年2月7日、全日本空輸株式会社(以下、ANA)、京浜急行電鉄株式会社(以下、京急電鉄)、神奈川県横須賀市、横浜国立大学(以下、横浜国大)は、さまざまな理由で移動に困難のある人々に提供する移動支援サービスUniversal MaaS(以下、同サービス)の、社会実装に向けた連携を開始すると発表した。
障がい者、高齢者や訪日外国人など、何らかの理由で移動に困難を抱えている人が、鉄道・バス・航空機などのさまざまな交通機関を利用して遠方に出かける際には、その都度、各人が各機関へ個別に自分の特性や希望などを伝える必要があり、大変な労力と時間が掛かる。そのため、出かけるのを躊躇したり諦めたりする人も多い現状だ。
このような課題に対処するために、4者は、2019年6月から産学官共同プロジェクトを開始し、交通事業者・自治体・大学が共有・連携して、同サービスの実証実験を行ってきた。
今後、利用者や各サービス提供者での試用を重ね、2020年度内の社会実装開始を目指すとしている。

Universal MaaSの概要

同サービスでは、公共交通機関の運賃、運航・運行状況、バリアフリー乗り継ぎルートなどの情報を利用者に提供する。
そこで、開発中の「お客さま用アプリ」、「サービス提供者用アプリ」を用いて、羽田空港第2ターミナルから横須賀美術館まで移動する実証実験を繰り返し、車いすの利用者と各サービス提供者双方の意見を反映した同サービスのプロトタイプを構築した。
なお、「お客さま用アプリ」は、移動時に介助を必要とする車いす利用者向けのバリアフリー乗り継ぎルートナビで、空港から目的地までの経路検索や、空港や駅構内・施設周辺のルート案内を確認できる。
また、「サービス提供者用アプリ」は、手伝いが必要な利用者の位置情報や属性情報を閲覧でき、利用者が空港や駅、施設に接近したことをアプリで通知する。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

全日本空輸株式会社 プレスリリース
https://www.anahd.co.jp/group/pr/202002/20200207.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ

RSS J-Goodtech headline RSS