ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

名古屋工業大学が、太陽光エネルギーを燃料電池に貯める技術を開発

発電と蓄電が同時に

2020年1月24日、名古屋工業大学の研究グループは、太陽光で得た化学エネルギーを、電池として貯める技術を開発したと発表した。
従来の水素を燃料とする燃料電池ではなく、「AQDS-H2」という有機分子を利用することで、単一の装置内での充電も可能とした装置となる。

エネルギーロスを解消

従来の太陽光発電や風力発電などの、自然エネルギーを利用した電力網で使われていた、蓄電池を接続した方式での問題点である、エネルギーロスを解消したものである。
電力網に蓄電池を併設し、電気エネルギーを蓄電池に蓄えていた訳であるが、電力輸送や蓄電プロセスで大きなエネルギーロスが起こるため、効率が低くなっていた。
今回は、電気エネルギーを貯めるのではなく、化学反応により得た電気エネルギーを蓄えるが、新たに開発した蓄電池に太陽光を照射することで化学反応を起こす点が特筆すべき部分である。
太陽光で発電し使いながら、蓄電池に蓄えられるという観点から画期的であると考えられる。

水素型燃料電池は爆発する危険性がある

従来の燃料電池は水素を燃料としているが、引火爆発の危険性があり、安全性の観点から保護する機能を準備しておく必要があった。
今回の燃料電池は、水溶性有機分子を燃料としているため爆発の危険性が無い。
なお、従来の燃料電池は蓄電ではなく、発電を行っていたが、今回は純粋に電気エネルギーとして蓄えられる。
反応で生成されるのは従来の燃料電池同様に、水分子であるため環境負荷も少ない。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

名古屋工業大学
https://research-er.jp/articles/view/85196

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ