ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

大日本印刷、植物由来原料を50%使用したラミネートチューブを開発

海洋プラスチックごみや地球温暖化などに対応

2019年9月2日、大日本印刷株式会社は、プラスチックの使用量を削減することで、環境に配慮したラミネートチューブ(以下、同製品)を開発したと発表した。

海洋プラスチックごみや地球温暖化など、地球環境に悪影響を及ぼす問題が深刻となっている。このため、環境省は、「プラスチック資源循環戦略」を2019年5月に策定して、プラスチックの使用量を削減しリサイクルを推進するとともに、植物などの再生可能な資源を用いたバイオマスプラスチックの利用を推進している。

このようななか、同社は、環境負荷を低減して持続可能な循環型社会を実現するため、環境に配慮したパッケージシリーズ「GREEN PACKAGING」を展開しており、この取り組みの1つとして同製品を開発した。

なお、同社のラミネートチューブは、歯磨き製品、食品、化粧品など様々な分野で採用されているとのこと。

環境に配慮したラミネートチューブの概要

同製品は、チューブ胴体の全ての層、肩にあたる部分および注出口など、全体の約50%に植物由来の原料を使用するとともに、使用する材料の設計を工夫して使いやすさを維持しながら胴体を薄層化して、プラスチック使用量を大幅に削減した。

植物は、生育過程の光合成によってCO2を空気中から取り込んでいるため、使用後の焼却時に出るCO2と相殺され、従来の石油由来原料を使用した製品に比べて、CO2排出量を約35%削減できたとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

大日本印刷 ニュースリリース
https://www.dnp.co.jp/news/detail/1192844_1587.html

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ