ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

凸版印刷、プラスチックフィルムのマテリアルリサイクル研究開発を開始

社会課題として注目されるプラスチックごみ問題

2019年11月7日、凸版印刷株式会社は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、NEDO)が公募した2019年度「NEDO先導研究プログラム/エネルギー・環境新技術先導研究プログラム」(課題番号:I-D3)の委託事業者として、同社が参画する「プラスチックの高度資源循環を実現するマテリアルリサイクルプロセスの研究開発プロジェクト(以下、同研究プロジェクト)」に採択され、実証を開始したと発表した。

海洋プラスチック汚染をはじめとするプラスチックごみ問題が深刻化するに伴い、環境配慮型包材の需要が国内外において高まっており、よりリサイクルしやすい単一素材(以下、モノマテリアル)を使用することで、リサイクルを推進する取り組みが加速しつつある。

このようななか、同社は、PET(ポリエチレンテレフタレート)、PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)を基材としたバリアフィルムを開発し、軟包装に使用される3つの主要素材すべてのモノマテリアル高機能包材を提供している。

「マテリアルリサイクルプロセスの研究開発プロジェクト」の概要

同研究プロジェクトでは、成形品や軟包装などで使用されたプラスチック製品を回収・選別し、包材にも再利用するための、リサイクルプロセスの構築を目指している。

なお、廃プラスチックを原料とした再生プラスチックはバージン材に比べて物性が低下するといわれるなか、同研究プロジェクトでは、バージン材料並みの物性を示す材料に再生する技術開発を行うとしている。

また、同研究プロジェクトを実施するにあたって、「高度選別技術」、「高度物性再生技術」、「環境製品生産研究」、「標準化」4つの研究グループで研究を進めていくとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷 ニュースリリース
https://www.toppan.co.jp/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ