J-GoodTech新規登録はこちら

北海道大学が、魚の温暖化対応メカニズムを解明

北海道大学が、魚の温暖化対応メカニズムを解明

プランクトンと魚の移動に関係

2019年12月3日北海道大学が、魚が海洋温暖化に対してどのような対応をしているか行動メカニズムを解明した。
地球温暖化に伴い、海洋潮流の温度が上昇している傾向が明らかになっているが、プランクトンや魚も対応している。
これにより1985年ごろからの、世界で確認されている魚の生息域分布が移動している事実が浮かび上がってきた。

温かい温度を好む魚が生息域を広げる事実

プランクトンや魚には、寒い地域を好む種類と、温かい地域を好む種類が存在する。
近年の地球温暖化に伴い、海水の温度が上昇する傾向にあるが、世界的に見ると魚の生息域も変化していることが分かっている。
寒い地域を好む魚は、海水温の上昇に伴い水温の低い深い場所や緯度の高い地域に移動している。
対して温かい地域を好む魚は生息域を広げ、今まで確認されていなかった緯度の高い場所まで生息範囲を広げている。
なお、寒い地域を好む魚は生息域が狭まっており、個体数が減っているという事実も確認されていることから、今後は生態系も変わる可能性を示唆しており、絶滅危惧種に指定される種類も増えるであろう。

魚が捕れなくなる懸念

寒い地域を好む魚の生息範囲が狭まることになるため、今まで捕れていた魚が捕れなくなることになる。
漁業関係者や消費者にとっては、食べられなくなる懸念があるだけでなく、個体数が減り捕ることを制限される可能性もある。
今一般的に食べている魚が、今後目にする機会が減り、高級魚と呼ばれるかも知れない。
(画像は北海道大学HPトップ画面より)

▼外部リンク

北海道大学
https://www.hokudai.ac.jp/news/2019/12/post-601.html

すべてカテゴリの最新記事