ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

テックファーム、ドローンで農地の生育状況を確認するアプリとシステムを開発

人手不足の解消・畑の管理効率化に貢献

2019年9月17日、テックファーム株式会社(以下、テックファーム)は、ドローンで農地の生育状況を確認するためのアプリとシステム(以下、同システム)を開発したと発表した。

同システムは、スマートフォンアプリによる自動操縦で撮影した農地の写真を解析することで、病害虫を早期発見し、収穫量予測の精度を向上させるなど、人手不足に対処して畑の管理効率化に貢献するとのこと。

なお、同システムは、株式会社NTTドコモが提供するドローン農作業支援システムの一部として採用されている。

開発したアプリとシステムの概要

同システムでは、ドローンを指定の場所に設置し、Androidアプリのボタンを押すだけで自動操縦がスタートして、畑の上空から撮影するとともに、連携して解析するため、ドローンやスマートフォンを使い慣れてない農業従事者でも簡単に扱えるとのこと。

また、テックファームの開発担当者は、DJI JAPAN株式会社が認定する操縦者向けの民間資格「DJIスペシャリスト」(以下、同資格)を有しており、アプリ開発からドローンのオペレーションまで連携した使い易いシステムを開発している。

なお、同資格は、ドローンの正しい知識、操縦方法や飛行モラルの習得状況を評価するもので、国土交通省への飛行許可申請を行う際に、操縦の知識や能力に関する確認が簡略化される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

テックファーム プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/192160

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ