ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ダイダンと旭計装、低コストの手術室向け空調システム「からっとオペ」を開発

低コストかつ省エネな手術室向け空調システム

2019年7月1日、ダイダン株式会社(以下、ダイダン)と有限会社旭計装(以下、旭計装)は、医療従事者の快適性を向上させる、低コストかつ省エネな手術室向け空調システム「からっとオペ」(以下、同空調システム)を共同開発したと発表した。

手術室における湿度の目標値は、一般的に50%とされているため、外気処理空調機を備えた高度な空調システムが必要となる。

しかしながら、導入コストと運転コストの問題で、中小規模の医療施設においては、除湿機能をもたない空調システムを採用することが多いため、結露によるカビの発生や不快感による医療従事者の集中力低下などが懸念されていた。

なお、ダイダンは、電気工事・空調工事・水道衛生工事・消防施設工事や機械器具設置工事の設計・監理・施工などの事業を展開している。また、旭計装は、一般工作物・自家用電気工作物・自動制御装置にかかる工事の請負や管工事業全般を行っている。

「からっとオペ」の概要

同空調システムは、冷暖フリーの汎用のパッケージエアコンを応用した「冷房除湿+加熱」のダブルコイル空調ユニット、冷房専用のシングルコイル空調ユニットおよび両ユニットの吹出し空気を混合するミキシングユニットから構成されたシンプルなシステムで、低コストである。

また、除湿機能を備えており、除湿時の冷えすぎ防止する加熱コイルには冷房の排熱を利用するため、運転コストも大幅に低減される。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ダイダン ニュースリリース
https://www.daidan.co.jp/news/up_pdf/20190701.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ