ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

ヤマハ発動機など、産業用無人ヘリによる森林状況調査の実証実験を実施

森林所有者には森林管理が義務化

2019年8月23日、ヤマハ発動機株式会社は、静岡県富士市、静岡県農林技術研究所 森林・林業研究センター、沼津工業高等専門学校、日本DMC株式会社と共同で、富士市内の森林の状況を計測する実証実験(以下、同実証実験)を、2019年8月27日に行うと発表した。
森林管理法が2019年4月に施行されたことに伴い、森林所有者には森林管理が義務化された。
しかしながら、森林を適正に維持するための人手が不足しているため、資産価値を向上させるために必要な定量情報を取れていない状況だ。
一方で、同社は、水稲を中心とした農薬散布機事業、火山の噴火や土砂崩れなどの災害現場の観測、あるいは山間部における送電線鉄塔のメンテナンス資材運搬など、無人ヘリを通じて、ソリューション価値の提供を行ってきた。
このようななか、同実証実験では、長時間飛行できる無人ヘリの優位性を活かして高効率な森林計測を行い、森林管理の生産性向上へ貢献するとしている。

実証実験の概要

同実証実験は、静岡県富士市市内の森林(およそ20ヘクタール)において、同社の産業用無人ヘリコプター「FAZER R G2」にレーザー測量システム「LiDAR計測」を搭載し、地形、樹木の密度や並び、本数・幹の直径を測定する。
これらの測定データは、デジタルデータとして、適切かつ効率的な森林施業計画づくり、森林の資産価値の創出に役立てるとしている。
(画像はニュースリリースより)

▼外部リンク

ヤマハ発動機 ニュースリリース
https://global.yamaha-motor.com/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ