J-GoodTech新規登録はこちら

凸版印刷とThe Chain Museum、アートを身近にする新事業で協業

凸版印刷とThe Chain Museum、アートを身近にする新事業で協業

アートにおける新事業を創出し、文化や芸術のさらなる発展に貢献

2020年1月9日、凸版印刷株式会社(以下、凸版印刷)と、株式会社The Chain Museum(ザ・チェーンミュージアム:以下、The Chain Museum)は、2019年12月末に資本業務提携(以下、同提携)を締結したと発表した。

凸版印刷は、印刷を核としたさまざまな事業を展開するとともに、マーケティング領域でのプロモーションやイベント企画・運営ノウハウを活かした芸術祭の支援を行うなど、文化や芸術の発展に貢献してきた。

また、The Chain Museumは、個人がアーティストと直接つながり支援できるプラットフォーム「ArtSticker(アートスティッカー)」(以下、同プラットフォーム)を、2019年8月より提供・運営し、MUSEUM事業やCONSULTING事業なども展開して、アートが自律するエコシステムの構築を目指している。

このようななか、両社は同提携を通じて、アートにおける新事業を創出し、文化や芸術のさらなる発展に貢献するとしている。

資本業務提携による事業展開の概要

同プラットフォームのサービスを通じて、個人がアーティストと直接つながり支援するアートのエコシステムを形成し、両社共同でアートをより身近にするための新事業開発を推進していく。

また、同プラットフォームの連携するアーティストと、凸版印刷の印刷ディレクションを手掛けるプリンティングディレクターなどの人財が持つ知見を掛け合わせ、作品の世界観をより魅力的に演出する新たな表現技術の開発に取り組む。

さらに、凸版印刷の持つマーケティングノウハウおよび同プラットフォームの連携するアーティスト・作品を、用途やブランドイメージにあわせてキュレーションし、企業キャンペーン、ノベルティ、カタログや商品パッケージなどへコーディネイトする。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

凸版印刷株式会社 ニュースルーム
https://www.toppan.co.jp/

すべてカテゴリの最新記事