ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

AR(拡張現実)技術を用いた図書館ナビゲーションシステムの実証実験を開始

名古屋市の行政課題解決をテーマに企業と実証支援

2019年10月18日、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、愛知県名古屋市の取り組み「Hatch Technology NAGOYA(ハッチテクノロジーナゴヤ)」(以下、同取り組み)において、AR(拡張現実)による図書館ナビゲーションシステム(以下、同システム)を提案し、4ヶ月間の実証実験を開始したと発表した。
同取り組みは、行政分野における課題解決をテーマに、ロボット・AI・IoT等の先進技術を活用した実証実験を公募し、実証実験の実施を通じて、関連産業の集積・振興や先進技術の活用普及を図るものだ。

図書館ナビゲーションシステムの概要

図書館においては、図書館内にある蔵書検索機を使用しても、目的の書架や棚にたどり着くことに苦労している来館者がいる一方で、案内役を担う職員が不足していることが問題となっている。
このようななか、同社は、スマートフォンやタブレットのカメラをかざすと現実空間上に矢印が表示され、この矢印を元に利用者を目的の書架まで誘導する同システムを提案し、実証実験を実施することとなった。
なお、図書館内ではGPS衛星の信号を受信することができないため、屋内でのナビゲーションが難しかったが、同システムを利用することで、高齢者から子供まで、館内の当該書架に到着する時間を短縮できるとのこと。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

パーソルプロセス&テクノロジー ニュースリリース
https://www.persol-pt.co.jp/news/2019/10/18/3960/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ