ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

複数の監視カメラ映像から同一人物を認識・追跡・移動経路を解析するソリューション

防犯に限らず、マーケティング・マネージメント・減災などで活用

2019年7月31日、株式会社VRaiBは、複数の監視カメラ映像から同一人物を認識し、行動の追跡、移動経路を解析するAI技術「複数カメラ移動体解析技術」(以下、同技術)を開発したと発表した。

同技術は、防犯に限定されることなく、マーケティング・マネージメント・減災などでの活用が期待され、企業向けのソリューションパッケージ(仮称)VRaiB ONEとして提供するとしている。

なお、監視カメラ映像により人物を追跡する技術はこれまでもあったが、複数のカメラ映像を組み合わせて追跡する際には、対象人物が一部だけでも全てのカメラに映っている必要があり、顔画像や全身画像を登録する必要もあった。

「複数カメラ移動体解析技術」の概要

同技術は、複数のカメラをまたがって映ってい人物が写り続けていない場合でも、カメラ映像の時系列特徴量を元にして追跡することが可能で、事前に画像をデータベースに登録する必要もない。

このため、既存の監視カメラ映像で追跡でき、専用の監視カメラ等を新たに設置する必要がない。

また、複数のカメラにより、個人別に追跡し、実空間内での位置推定を行うことで、空間内の動きを取り出すこともできるとのこと。
(画像はVRaiB公式ホームページより)

▼外部リンク

VRaiB プレスリリース
http://vraib.jp/press-release-2019-07-31/

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ