ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

北海道大学が、耐薬性神経膠芽腫治療化学物を特定

神経膠芽腫を特定して殺傷する

2019年10月7日北海道大学は、耐薬性神経膠芽腫幹細胞に有効な効果を示す、化合物を特定したと発表した。
抗がん剤や放射線治療も効果が薄く、高頻度で再発するという悪性度の高い膠芽腫に対しての新薬開発に役立つと期待される。
なお、未だに有効な治療方法が無いためか、罹患者の予後は芳しくない状況が続いている。

神経膠芽腫は、がんの再発原因とされる細胞

神経膠芽腫は、がん再発の原因とされるが、未だに有効な薬や治療方法が無く、滅する方法が模索されてきた。
今回、化合物ライブラリースクリーニングにより、耐薬性膠芽腫に対して細胞増殖抑制、細胞死、幹細胞欠損が認められる化合物10580を特定。
次に、リガンドフィッシング法により、この化合物10580の標的が膠芽腫ミトコンドリア内部に存在するDHODHであることを確認した。

副作用が無い新薬が期待される

マウスを使った実験では、経口投与した結果、腫瘍に対して効果があることが確認されたが、懸念される副作用が起こらなかった。
通常、抗がん剤は正常細胞に毒性を示す場合があり、付随して副作用が起きる可能性が高く、苦痛と感じることが多い。
この結果より、10580化合物と合成した展開物が、神経膠芽腫をはじめとする難治性腫瘍の治療薬になると期待されている。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

北海道大学HP
https://www.hokudai.ac.jp/news/191007_pr.pdf

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ