ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

アサヒビール茨城工場で自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が運転開始

再生可能エネルギーで発電した電力を効果的に活用

2019年6月14、東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、東芝エネルギーシステムズ)は、アサヒグループホールディングス株式会社の茨城工場(茨城県守谷市、以下、同工場)に納入した自立型水素エネルギー供給システム「H2One」(以下、同システム)が、営業運転を開始すると発表した。

太陽光発電などの再生可能エネルギーは、低炭素化に向けて各所で導入されつつあるが、気象条件等に影響され、発電した電力の出力が大きく変動する。

このようななか、同工場では、新たに導入した太陽光発電設備とともに同システムを活用することで、再生可能エネルギーを安定的に利用するための適応性ついて検証する予定だ。また、同システムで発電した電力は、工場見学施設のビールサーバーや照明などに供給されるとのこと。

なお、同工場における取り組みは、環境省が進め、IBJL東芝リース株式会社が代表事業者である「水素を活用した自立・分散型、エネルギーシステム構築事業」の対象となっている。

自立型水素エネルギー供給システム「H2One」の概要

同システムは、再生可能エネルギーを利用して効率よく水素を製造して貯え、その水素を用いて純水素燃料電池システム「H2Rex」で発電する。このため、発電時にはCO2を排出しないクリーンなエネルギー供給システムだ。

また、需要側のニーズに応じて、水素の製造や発電量を制御しており、安定的な電力の供給が可能だ。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東芝エネルギーシステムズ プレスリリース
https://www.toshiba-energy.com/info/info2019_0614.htm

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ