ジェグテック ヘッドライン|毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!

電力不要で、太陽光透過率調整可能な液晶材を開発

古い窓ガラスを変えずに省エネ効果が期待できる

2019年9月30日、国立研究開発法人産業技術総合研究所、神戸市立工業高等専門学校、大阪有機化学工業株式会社は、共同で温度により太陽光の透過率を自動調整できる、液晶複合材料を開発したと発表した。
日中の太陽が照る状況で温度上昇を感知し、自動で影を作ってくれるため、ブラインドなどを人の手で操作する必要が無い。
なお、この液晶は、2枚のガラスやプラスチックなどの隙間に充てんし、硬化させることで完成するため、作製が容易である。

紫外線や赤外線には反応しない

サングラスが紫外線に応じて透過率が変わったり、日傘が赤外線で曇る技術はあったが、本開発は熱に反応する点が異なる。
温度変化を感知し、低温環境では透明になり、高温環境では白濁すると同時に光の乱反射を起こし、近赤外線を含む光の透過率を20%可変することが可能となる。
熱に反応するということで、温度が高くなりやすい春から秋にかけての時期に有効であると考えられる。

窓ガラスを入れ替えるのは容易ではない

オフィスビルや各家庭の窓ガラスも、経年により機能的に時代にそぐわないケースが出てくる。
環境に配慮した、省エネ効果が高いガラス窓が普及する中で、時代遅れという感も否めないが取り換えるのは容易ではない。
この技術を用いプラスチック板で作製したものは、軽量で薄いため既存の窓ガラスに貼り付けることが可能となる。
つまり、古い窓ガラスに貼り付けるだけで、省エネ効果を高めることが出来るわけである。
なお、ビルや住宅だけでなく車などのガラスに貼ることが出来るため、簡単に暑さから解放するアイテムとしても利用できる。
(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

産業技術総合研究所HP
https://research-er.jp/articles/view/82568

関連記事

ジェグテックを見る

ジェグテックヘッドライン

毎日、中小企業に関するニュースを中心に、約10名のライターが独自の視点でおまとめ中。次のビジネスのヒントがあるかも!要チェック!


おすすめ記事

ジェグテックとは

ジェグテックで商機をつかめ!

J-GoodTechプロモーション

アーカイブ